睡眠時無呼吸症候群とは何か?

-shared-img-thumb-HIR93_sofa-deneteiruneko_TP_V

睡眠時無呼吸症候群の危険性について誰にでもわかりやすく理解できるように紹介しています。

近年になって睡眠時無呼吸症候群というものが世の中に認知されてきました。今まではこの名称や病気であるということ自体あまり知られていませんでした。いびきをしている人を見て「あれ、呼吸止まってる」と感じることはあっても、実際にそれが病気でどれだけのリスクがあるかまで理解している人は少ない状況でした。
テレビでの特集や学校での保健の学習で紹介されることもあり、睡眠時無呼吸症候群が病気であるという認識は広がってきていますが、実際に治療する人の割合はさほど多くはありません。睡眠時無呼吸症候群は放置していても決して治る病気ではありません。睡眠時無呼吸症候群の危険性について追っていきます。

<リスク>
いびきをかく人は睡眠中に口呼吸になっています。これによって免疫力の低下や成長ホルモンの減少へとつながり、扁桃炎、ウィルスによる口内炎、菌の繁殖による口臭の悪化といったものに発展していきます。様々な病気のリスクがあるため、睡眠時無呼吸症候群の直接的な解決の前に、このいびき・口呼吸の改善から取り組むべきでしょう。
口呼吸は鼻が詰まっていたり心身の疲労が大きかったりすると普段いびきをかかない人でも口呼吸をしていびきをかくことがあります。口呼吸をしていても必ずしもいびきにつながるわけではありませんが、横向きに寝ることによっていびきのリスクは多少回避されます。仰向けで寝ることによって、睡眠中は体が非常にリラックスしていて筋肉も緩んでいるので、重力の力によって舌根が喉の奥へと落ち込み、気道を狭くしていびきを発生させます。それを避けるためにも横向きになることによって気道が狭くなることをある程度防ぐことができます。

いびきをかく人、特に睡眠時無呼吸症候群の人で一人暮らしの場合は自分の症状に気づかないケースが多いです。家族と一緒に住んでいたり、知人と一緒に寝ると自分のいびきに気づかされることはありませんが、そういったことがないと自分が無呼吸症候群に陥っているかどうかすぐにはわかりません。
自覚症状としては、例えば寝汗がひどかったり、起きると口が渇いている、朝激しい頭痛に襲われる、すっきりと起きれず日中体がだるい、集中力がなく日中激しい眠気に襲われる、といったものがあります。睡眠時無呼吸症候群の人は学業や仕事に相当の支障をきたします。もし運転中に激しい眠気がきたら交通事故にもなりかねません。ただ日中が過ごしづらくなるだけでなく様々な病気や事故に発展しますので、こういった自覚症状がある人はすぐに病院で検査を受けましょう。

無呼吸症候群を治そう