グラフィックデザイナーの給与・必要なスキル

O00MGHPXG6
このサイトではプロのグラフィックデザイナーを志している人たちの役に立つ情報を発信してい。
プロのグラフィックデザイナーたちの最新情報、グラフィックデザイナー業界の豆知識について更新していければと思います。

このサイトの第一回記事はズバリ、
「グラフィックデザイナーの基本情報」をお届けします。
<グラフィックデザインって何?>
PAK92_iroenpituset1278_TP_V
★広告や雑誌・映画や新聞、商品のパッケージなどで、見た目で人に興味を持ってもらえるよう写真や文字・イラストを利用して装飾すること。
難しい説明になってしまいましたが、簡単に言うと「人にカッコイイ! なんの宣伝だろう?」と興味を思ってもらえるパッケージやロゴを考えることです。
<グラフィックデザイナーはどこから仕事をもらうの?>
グラフィックデザイナーは大きく分けて「会社員」か「フリーランス」に分かれます。
会社員の場合には出版社・広告代理店・デザイン事務所・印刷会社・編集プロダクションに毎日通勤して、編集者と話し合いながら仕事を進めていきます。勤務時間が決められており、雇用形態は正社員・契約社員・アルバイトなど様々です。
フリーランスの場合には自分で営業をして、会社員のグラフィックデザイナーが勤めているような会社から仕事を案件ごとに請け負います。グラフィックデザイナーとして信頼されるようになると、仕事を継続して依頼されるようになります。
基本的には会社員のグラフィックデザイナーとして実績を積み重ね、実力が認められるとフリーランスや独立して自分のデザイン事務所などを立ち上げることが多いです。
<グラフィックデザイナーの給与・待遇>
PAK85_Splatoon0115194515_TP_V
フリーランスの場合には案件ごとに料金が変わってくるので、ここでは会社員のグラフィックデザイナーについて書きたいと思います。
入社時には一般的に19万円ほどからスタートすることが多いようです。そこから実績を重ねて、役割を負うことで給料が上がっていきます。
待遇は雇用形態にもよりますが、一般的な会社員と保険などもほぼ変わりません。
<グラフィックデザイナーに必要とされるスキル>
グラフィックデザイナーとして仕事をするうえで、身に付けておいた方が良いスキルをいくつか挙げてみました。
★使えた方が良いパソコンソフト
・illustrator
・Photoshop
・InDesign
★持っていると役立つ資格
・色彩検定
・DTPエキスパート
・DTP検定
これらのスキルを持っていければグラフィックデザイナーになる資格がないわけでありません。しかし仕事を受けるうえでは確実に必要な技術なので、身に付けて置いて損はありません。
また編集者・イラストレーター・コピーライターなど様々な職業の人とチームを組んでひとつの仕事をこなすことも多いので、人に考えを伝えられる程度のコミュニケーション能力は持っていると仕事を進めやすくなります。
デザインに関する参考書や有名なグラフィックデザイナーの作品などに触れて、美的センスを磨いておくのもプロとして働き始めた際に役立ちます。
computer-768608_960_720
グラフィックデザイナーは様々な業界で活躍できますが、現在ではゲーム業界で働く人が増えています。
ゲームは視覚で楽しむ場面が多く、グラフィックデザイナーの力量によって作品の良し悪しも変わってきます。